FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクを苦しめるギータ不在。楽天の下克上王手を阻止できるのか?

ソフトバンクを苦しめるギータ不在。楽天の下克上王手を阻止できるのか?

 
ギータ不在が響くソフトバンクは、まさかの連敗

パ・リーグのCSファイナルステージ、第2戦が19日、福岡のヤフオクドームで行われ、楽天がソフトバンクを2−1で下した。2戦連続で1点差負けしたパの覇者、ソフトバンクは、1勝のハンディを吐き出して1勝2敗とされた。過去、優勝チームがファイナルステージで連敗したのは初。この2戦で奪った得点は、すべてソロアーチ。タイムリーヒットはまだ1本もなく、3番の柳田悠岐(29)を故障で欠く打線の不振が、すべての元凶で、きょう20日の第3戦で敗れれば楽天に“下克上王手”を許すことになる。

 あと1点が取れない。どこまでも響く“ギータ不在”。

 その象徴的なシーンが1−1の同点迎えた6回にあった。この回、先頭の今宮がサード線を破る二塁打で出塁すると、工藤監督は、柳田に代わって2戦連続で3番に起用した中村晃にバントのサイン。だが、バットを手先だけでコントロールしようとしたため、打球はポーンと小さく上がり、嶋が捕球するには、おあつらえむきの小飛球となった。打率、310、31本、99打点の柳田がいれば、ありえない作戦だった。

 まだチャンスは続いたが、ここで楽天の梨田監督が“神継投”。内川のソロアーチ1本だけに抑える好投を見せていた辛島から、CSの秘密兵器、宋家豪にスイッチ。150キロを軽く超えてくる剛速球の前に、内川が三振、デスパイネは四球で歩いたが、松田も三振。ただでさえ冷え切っている打線に、さらに冷水を浴びせかけられるような結果になった。
 こういうイニングの終わり方をすると流れが変わるのが短期決戦である。不運な1点だけに抑えていた好投の千賀が7回、嶋にタイムリー二塁打を許して勝ち越しを許す。その1点が最後まで重くのしかかった。

 工藤監督は、試合後、「チャンスで1本が出ないことは常にあります。やはり、つなぐ意識が大事だと思います。今は、今宮君と、内川君がすごくいい状態。そこにどうやってつないでいくかは、すごく大事になってきます」と、不振の打線を冷静に分析した。
 
 得点圏には走者を4度進めた。だが、あと1本が出ない。茂木のファインプレーに潰されもした。

 待たされるチームには「試合勘が鈍る」というハンディがつきまとう。

 元巨人の足のスペシャリスト、鈴木尚広氏も、「私も経験があるが、試合間隔が空くと、レギュラーシーズンと同じ投手と対戦しているのにボールが速く見えるんです。その微妙な感覚のズレがバッティングを狂わせるのが、いわゆる試合勘の鈍りなんです」と、語っていたが、その「試合勘の鈍り」を、さらに、うまく利用したのが、嶋のリードである。
 
 

 ソフトバンクの野球に詳しい評論家の池田親興さんは、こう評論する。

「辛島ー嶋のバッテリーはカーブを有効に緩急を大胆につけた。ただでさえ、まだ試合感覚をつかめていないソフトバンクの打線は、そこに翻弄されていた。いらぬ力が入って、堅くなっているソフトバンクの打者には大きな効果があった」

 先発の辛島は、大きくスピードを落としたカーブを要所に使い、そこにストレートと、チェンジアップをミックスさせて、幻惑の緩急をつけた。二回も先頭の内川がヒットで出塁したが、デスパイネには、カーブを見せておき、最後はチェンジアップ、松田にもカーブでファウルを稼ぎ、最後はストレートをズバ。辛島対策に1番に川島を入れるなど打線をいじったが、完全に嶋のリードに手玉にとられたのである。

 打てないのならば、守りきるしかないが、そこにも手痛いミスが。 

 先発の千賀は、その立ち上がりに、楽天のキーマン、茂木を三振にとってスタートを切ったが、2番の藤田を四球で歩かせ、続く銀次に打たれたライト前へのヒットで、まさかの展開。ライトの川島が、打球の判断を誤り、つっこみすぎて、弾んだ打球にグラブが届かずに後逸してしまったのだ。藤田が一気にホームイン。手痛いミスが絡んで先取点を与えてしまった。試合勘……の鈍さは、守備の乱れにも。攻守にわたって、ソフトバンクがソフトバンクでなくなってしまっている。

 今日20日の第3戦の予告先発は和田と、CSのファーストステージで屈辱の大量失点をしている則本。3勝3敗と相性の悪くない相手だが、リベンジに燃える則本は、ソフトバンクにとって不気味だ。
 
 前出の池田さんが言う。

「ギータ不在の穴を埋めきれていない。これまで見たことがないようなソフトバンクの野球を見せられている。ただ、高梨、福山、松井ら楽天の中継ぎ、抑えは、連投で疲れているし、松井の状態は決してよくない。ストレートで勝負ができずチェンジアップでごまかしている内容。楽天にも、つけこむ隙はある。ここまで2試合は、塩見、辛島と、いずれも技巧派の投手にうまく打たされたが、逆に、則本のような本格派のほうがタイミングが合うのかもしれない。打順は、1番、3番くらいしか動かしようのないのが苦しいが、とにかく明日が最大の山場でしょう」

 工藤監督も、試合後の会見を「切り替えて明日、頑張りましょう。3倍の気力でね」と明るく締めた。下克上王手をかけられ終戦に近づくのは、まだ早い。
 

バイト探しで得しちゃおう【ペコリッチ】

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

最も話題のドメイン取得(数量限定)

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。