FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界はなぜ、軍事力と恫喝が幅を利かせる時代に入ったか

世界はなぜ、軍事力と恫喝が幅を利かせる時代に入ったか
 国家は一国だけで自己完結してはいない。世界史のなかの国家である。

 たとえば日本という古代国家が形成されたのは6世紀から7世紀にかけてのことだったが、このときは中国、朝鮮の動きが関係していた。

 581年に中国で随が国家統一を実現し、618年にはその随が滅んで唐が中国を統一する。朝鮮半島では高句麗が勢力を拡大したものの688年には滅亡する。日本の朝廷と関係が深かった百済は高句麗に圧迫され、最終的には高句麗と同じ688年には滅亡している。

 当時の日本に影響を及ぼしていた「世界」としての中国、朝鮮の変化が、独立した権力としての「日本」の形成を促したのである。

 帝政ロシアはポーランド王国などとの対立のなかで生まれていくし、ヨーロッパの国々は王国同士の対立と同盟のなかで展開している。国家は権力として成立する以上、周辺の権力との関係が影響を与えつづける。

 それは今日でも同じである。ただし、かつては自国に影響を与える国が地域的に限定されていたが、現在ではそれが世界化した。

 といっても影響の濃淡は残っていて、それは国家間の関係の濃淡によって生じている。現在の日本をみれば、否応なく東アジア諸国の影響は大きなものにならざるをえないし、アメリカとは関係が深いだけにアメリカの動向も大きく関与してくる。さらに先進国の共通利害や資源国との関係なども日本に影響を与えている。

 そういうことはあっても、はっきりしていることは、現在の国々は、国家の変容が世界的共通基盤の上で展開していくようになったということである。

賢い人のお得なサイト | ハピタス

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

最も話題のドメイン取得(数量限定)

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。