記事一覧

Amazonプライムデー、アメリカ人のショッピング習慣を変える

Amazonプライムデー、アメリカ人のショッピング習慣を変える
アマゾン(Amazon)が毎年7月に開催している大規模なセールが、アメリカ人の休日のショッピング習慣を変えている。

【画像】ブラックフライデーを脅かすAmazonプライムデー

今回で3年目、過去最大規模となるAmazonプライムデーが11日火曜日に始まった。

プライムデーは、過去2年よりも数時間前倒しでスタートした。一方、十数社を超える大手小売業者が独自に大規模なセールを開催し、プライムデーに対抗した。

例えば、トイザらス(Toys R)は、12日水曜日までサイト全体を対象に今年最大規模のセールを開催、メイシーズ(Macy’s)はサイト上の全ての商品が60%オフになるセールを10日と11日に開催した。

またJCペニー(JCPenney)は「Penney Palooza」と銘打ったセールを行い、サイト上の全ての商品を25%オフにしたうえに、特定の商品はさらに値引きした。

ホーム・デポ(Home Depot)、ロウズ(Lowe’s)、ベストバイ(Best Buy)も、対象商品が40%以上値引きとなるセールを水曜日まで開催した。

自社でセールを行った多くの小売業者はまた、商品がAmazonプライムデーで販売されていた場合、同価格で提供するプライスマッチ(price-match:最安値保証)も行った。Jet.com、ベストバイ、トイザらス、ベビーザらス、Target、シアーズ、ホーム・デポ、Bed Bath and Beyondなどだ。

3年目となるAmaoznプライムデーだが、全体売り上げで見れば、ブラックフライデー(感謝祭の翌日に行われる大規模なセール)にはまだまだ及ばない。アドビによると、プライムデーの売上は約5億ドル(約560億円)に上ると見られているが、一方、去年のブラックフライデーのEC全体の売り上げは33億4000万ドルに上った。

しかし、BestBlackFriday.comによると、プライムデーはブラックフライデーよりもお買得な商品が多い。同サイトは、2016年にアマゾンがブラックフライデーとプライムデーに設定した価格を比較した。その結果、プライムデーの商品のうち77%が、ブラックフライデーの時よりも安かった。

プライムデーが人気になるにつれ、ブラックフライデーへの関心は薄れている。

2011年、ブラックフライデーを含む感謝祭の連休中に、2億2600万人が実店舗やオンラインでショッピングをしたが、2016年、1億5400万人にまで落ち込んだと全米小売業協会(National Retail Federation)は述べている。

[原文:Amazon is killing Black Friday]

(翻訳:忍足 亜輝)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

「1ヶ月で転職可能」    最も話題の高確率転職

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム