記事一覧

もう買い足さなくてOK! 思い出を永遠に保存可能な「お絵かきデバイス」なら紙の無駄がなくなる

もう買い足さなくてOK! 思い出を永遠に保存可能な「お絵かきデバイス」なら紙の無駄がなくなる


子どもが毎日のようにお絵かきしていると、結構な量になりがち。ただ、それで新しい落書き帳を次々と買うのが何となくもったいないと思いませんか? また、描いた絵の処分も悩ましいもの。捨てるのは可哀相だと思うものの、置き場がない……。

 

そんな子どものお絵かき悩みを解決してくれるのが、今回ご紹介するお絵かきデバイス「Rocketbook Color Notebook」です。

 

買い足し不要で絵の保存も楽にできる「Rocketbook Color Notebook」 20170726_kondo2

アメリカでは、ホワイトボード用のマーカ以外にも拭いて消せるタイプの色鉛筆やクレヨンがたくさん販売されています。これをうまく活用しているのがKickstarterで注目を集めているのが、「Rocketbook Color Notebook」です。

 



消せるタイプのお絵かきツールと対応しているので、同じノートを何度でも使えるます。子どもは色もスペースもかなり大胆に使うため、すぐに紙がなくなるもの。その点、これならなくなることもないので親としてはありがたいです。

 

20170726_kondo1

もちろんKickstarterで公開されているプロダクトですから、それだけではありません。専用のRocketbookアプリを使うとページの範囲を綺麗に読み取り、お絵かきをキレイにスキャンしてくれるのです! 賢いのはページの下にある7つのシンボル。

 

20170726_kondo3

ダイヤモンドや林檎、クローバー、星といった子どものステッカーのようなマークはそれぞれDropbox、Google Drive、スマホメッセージ、メールに設定することができるのです。「ここを塗りつぶすとおばあちゃんにメールで送れるからね」と決めておけば、それをアプリで写真に撮るだけで瞬間的に設定した送り先に送ってくれます。

 

20170726_kondo4

自分で貯めておきたい絵はダイヤモンドを塗りつぶす、お母さんに見せたい絵はクローバーを塗りつぶす……。子どもに教えておけば、描き終わったものを写真に撮るだけで自動で保管/送信してくれるので楽ですよね。ページの下にアプリが読み取れるシンボルを作る、というのは賢いですね。

 

20170726_kondo5

もちろん、アプリでは色の調整やアニメーションなども作成できるとのこと。それぞれのページは、何度洗って拭いてもよれよれにならない頑丈な素材でできているので長く使うことができます。

 

20170726_kondo6

仕事のメモ、アイデアを部下/上司に送信、買い物リスト、など送信先を設定すれば大人でも便利なツールとして使えそうですよね。今年の11月に発送予定の「Rocketbook Color Notebook」は、ひとつ約2000円から予約が可能です(日本への発送料は約1400円)。

 

ボタンひとつで別の色や消しゴムに切り替えられる「4D Grimi Pen」 20170726_kondo7

子どものお絵かきデバイスは、ほかにもたくさん提案されています。同じくKickstarterで親御さんの人気が高いのが、タブレットでのお描かきでクリエイティビティと想像力を育てることを目的としたお絵かきツール「4D Grimi Pen」です。

 



タブレットにペンで絵を描くデバイスはたくさん世に出ていますが、こちらは子どもの使いやすさ、楽しみやすさを重視したもの。

 

20170726_kondo11

ペン自体に複数のボタンがついており、色の切り替え、消しゴム、といった機能の切り替えをタブレットのアイコン操作ではなくてペン上でカチカチと切り替えることで行えるのです。

 

ただ画面を触って遊ぶのではなく、手や指の感覚も使わせられるのは親としてはうれしいところ。ペン上部のキャップも色々なキャラクターに付け替えることができ、子どものちょっとした遊び心を上手くつかんでくれそうです。

 

20170726_kondo8

ペンはバイブレーションもでき、さらには音も出してくれます。お絵かきをしながら、耳も、目も、手の感覚も同時に使えます。ただYouTubeの動画を眺めるだけでなく、能動的に感覚を使って遊べるわけですね。

 

20170726_kondo9

描いた絵はもちろんメールで送ったりSNSでシェアすることもできます。たくさんの感覚を使って能動的に遊ぶことで子どものクリエイティビティを育て、幅広い脳の分野を刺激してくれるとのこと。

 

20170726_kondo10

「4D Grimi Pen」の紹介ビデオでは絵を描いたり色塗りをすることで、大人でも日常のストレスや不安などが軽減されると説明しています。ひとつ6500円ほどで予約が可能(日本への発送料は1600円ほど)となっています。目標金額に達成すれば、発送は今年の11月の予定です。

 

子どもがタブレットやスマホばかり見ていることに不安を感じている親御さんも多いはず。そんな中に少し新しい遊びに含ませるといいかもしれません。
 

;
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

「1ヶ月で転職可能」    最も話題の高確率転職

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム