FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス競馬界で知らぬ者はない、小林智調教師が現地で開業するまで

フランス競馬界で知らぬ者はない、小林智調教師が現地で開業するまで

 

フランスで唯一開業する日本人・小林智調教師インタビュー前編


いまやフランス競馬界でも名の知れた小林智調教師

 フランス最大の競走馬トレーニングセンター、シャンティイ。

 ここには凱旋門賞7冠のアンドレ・ファーブルや牝馬トレヴの鮮烈な2連覇(2013、2014年)が記憶に新しいクリスチャン・ヘッドら、フランスを代表するホースマンたちが厩舎を構える。

 そのフランス競馬界伝説の地に、日本人として初めて厩舎を開業したのが、小林智(さとし)調教師(43歳)だ。最初は1頭から始めた調教馬も9年目の今年は25頭に増え、勝ち鞍も79を数える。

 競馬場を歩けば関係者や観客から次々と声がかかる。この業界で「KOBAYASHI」という日本人調教師の存在を知らない者はもはやいない。

 世界最高峰のレース、凱旋門賞を主催し、伝統と職人気質にあふれるフランス競馬界に、はるか遠い極東の地から単身で飛び込んだ小林調教師に、ここに至った過程を聞いた。

――大学では理工学部で学ばれていたそうですが、そこから競馬界に、というのはどのような経緯で?

小林智調教師(以下、小林) もともと競馬は好きだったんです。父が好きで、ちょうどシンボリルドルフとミスターシービーの時代で、僕はミスターシービー派だったんですが、ミスターシービーはいつもシンボリに負けていたんですよね。映像を見た覚えはないんですが、レースが終わったあとに結果を父に聞いていた記憶はあります。

 それからしばらくして、高校1年のときに、皐月賞にシンボリルドルフの子供のトウカイテイオーと、ミスターシービーの子供のシャコーグレイドが出てきたんです。そのレースは、トウカイテイオーが1着、シャコーグレイドが2着だった。そのとき感じたんです。「あ、競馬って面白いな。何年も前に聞いていたレースの競走馬の子供たちが出てきて競う、こういうものなんだ……」と。

 それから競馬を見るようになりました。中山競馬場が自宅から近かったのもあって。

――「職業」として考えるようになったのは?

小林 大学3年でそろそろ就職活動という時、車が好きだったので自動車メーカーなども考えていたんですが、大学の4年間、夏だけやっていた市民プールの監視員のバイトがあって、そこは体育会系で、個性的なバイト仲間がたくさんいたんです。アメリカの大学に通って夏だけ帰ってきている人とか、花火師を目指していた人とか。あ、彼は実際にいま花火メーカーに勤めているんですよ! 彼らに刺激されて、「僕も何かやらないとな」と。

 そのとき『優駿(JRA発刊の競馬専門誌)』を読んでいたら、厩務員課程募集があって「これだ!」と。自分のした仕事が結果になって返ってくる。会社に入ると自分がした仕事の成果はなかなか見えにくいですし、こういう仕事がいいな、と。

――それで早速応募を?

小林 ただ、当時は応募資格に牧場経験3年が義務付けられていたんです。そうしたら、たまたま別のバイトの主任さんで親戚に牧場関係者がいる方がいて、「競馬が好きで牧場で働きたいんだ」と話していたら、「じゃあ紹介してやるよ」と。それで雇ってもらえることになったんです。親父は最初、怒っていましたけどね(笑)。

――バイト先で牧場を紹介してもらえたとは、まるで導かれたようなご縁ですね。

小林 その牧場では、結局5年間働かせてもらいました。その間、厩務員試験は3回受けて、点数は取れた自信はあるんですが(笑)、3回とも不合格で。当時は相当な倍率で800人くらい受けていたと思います。

 ただ、その牧場ではオーストラリアやアイルランド、イギリス、フランスといった競馬の先進国に研修に行かせてもらったり、社長が海外に馬を持っていたんです。当時は日本の馬はそれほど海外に遠征している時代ではなくて、フジヤマケンザンくらいでしたから、逆に競馬界に入ったら、競馬社会に閉じこもってどこも見られなくなるんじゃないか、それなら、この牧場は国際的なのでたくさんのことを見られて面白いかな、見識も広がるかなと、そう思って試験を受けるのをやめて、牧場に骨を埋める気持ちになっていたんです。

――そこへまた転機が?

小林 牧場の社長さんが育成も始めることになって、僕が育成部門の主任を任されることになりまして。

 でも、「わからないところは聞いてくればいいから」とマネジャーに言われても、そんな時間もないし、1年(育成を)やってみて、「このままでは自分は伸びない」と思いました。研修旅行のときにフランスやイギリスに行った印象も強く頭に残っていて、もっと本場を見てみたいと感じていたこともあったので、退職してフランスに来ることに決めたんです。

――研修旅行での印象がフランス行きのきっかけに?

小林 フランスの研修旅行のとき、パリに着いて、とりあえず安いところをと思って探した宿が、本当に治安の悪い地区にあった酷いホテルで。朝になって英語が話せるタクシーのドライバーさんにシャンティイまで連れてきてもらったんですが、事前に地図で調べていたのにまったく調教場が見つからない。国道脇に停めて、ドライバーさんが道行く人に尋ねたら、それがなんとクリスチャン・ヘッドさんのところの厩務員さんだったんです。

「うちのオーナーは日本人好きだから来いよ!」と厩舎に連れていってくれて、ヘッドさんにも紹介してくれ、ヘッドさんは調教場にも連れていってくれました。当時ヘッドさんのところには200頭以上の馬がいました。それを見て、「うわっ、すごいわ、これ!」と、とにかくびっくりして。それが記憶に残っていたので、いつかフランスかイギリスに行ってみたいと思っていたんですね。

――実際にフランスに来てからは順調に?

小林 当時、2001、2002年と、武豊さんがフランスに長期滞在して、ジョン・ハモンド厩舎の主戦騎手だったんです。それでハモンドさんが、豊さんをサポートできる日本人スタッフがほしい、ということになり、ビザを出してくれることになって。実際に行ってみたら、豊さんのお世話はほとんど必要なくて、厩務員の仕事をやることになったんです。

――お話を聞いていると、見事なまでに幸運なご縁やタイミングに導かれていた、という印象を受けます。

小林 恵まれているとは思います。ただ、最近僕は若い子たちに言うんです。ジジ臭いと言われるかもしれませんが、大事なのは、最初の一歩を踏み出す勇気があるかないか、だと。

「ああいうことしたい」「こういうことしたい」という人はたくさんいると思いますが、そのとき、最初の一歩さえ踏み出してしまえば、あとは進んでいくものなんですね。

 僕がまだ牧場にいて「このままじゃいけない」と思っていた頃、関係者の方にパトリック・バルブさん(フランス競馬界の重鎮。競走馬ブローカーとしても有名)を紹介していただいたんです。

 当時、僕はフランス語をまったく話せませんでした。英語は牧場勤めの傍ら、お金を払ってオーストラリア人に習っていたんですが、それほどしゃべれるわけではなかった。でも、話さないことには何も始まらないので、勇気をもって国際電話をかけて、なんとか英語で話したら「ジャパンカップのときに日本に行くから、そのときに会いましょう」と言ってもらえた。

 ジャパンカップの日、僕は北海道から日帰りで、バルブさんに会いに東京に行ったんです。「12月にまたフランスに行くのでよろしくお願いします」と。

――そこの一歩を踏み出せるか、どうか……。

小林 今も、僕のところに、ワーキングホリデーで来ている19、20歳の若者がいます。角居先生のワールドチャレンジ(角居勝彦調教師が小林調教師らと連携して2014年に立ち上げた海外研修プログラム)に応募してくるのも若い子が多いですが、そういう子はやっぱり伸びますよね。

――そして、実際にバルブ氏を頼って渡仏した。

 バルブさんの存在は大きかったです。何でもできる人ですし、ジョン・ハモンドさんを紹介してくれたのも彼です。ハモンドさんはモンジューとスワーヴダンサーで2度、凱旋門賞を勝っている方です。ハモンドさんのところでは「1日に50頭の脚を見られる」というベテラン厩舎長から徹底的に厩務員の知識を叩き込まれました。

――50頭の脚を?

小林 脚元を見るのは経験、まさにそれだけなんです。ちょっとモヤっとしていても、ただ寝ていただけなのか、ちょっとおかしいのか、経験を積んだ人しかわからない。ちょっと腫れているけれど、今日キャンターできるのかどうか、ということはずっと見ていた人でないとわからないんです。

 それを1日でその頭数を見られるんですから、それに優る教材はないですよ。毎日、毎日、厩舎にいる70頭を2人で見ていくわけですから、1日に35頭は見られる。それを365日、2年間やりました。あの経験は大きいですね。

 そこで3年ちょっと働いたあと、親日家としても知られるリチャード・ギブソン調教師のところでお世話になりました。イギリスの『レーシングポスト』紙にアシスタントトレーナーを募集しているという広告が出ていて、バルブさんの奥さんのヘレンさんが「これやってみたら?」と。

 リチャードさんのところでは2年間みっちり調教師の仕事を教えてもらいました。110頭を3人で見ていて、それを丸々2年やらせてもらえたので、「フランスで調教師になれるんじゃないか?」と思い始めたのはこの頃です。

――そしてフランス語で調教師試験を?

小林 フランスに来て、3年目くらいからフランス語も話せるようになっていました。リチャードさんの厩舎の後はミケル・デルザングル調教師のところでお世話になって、その間、2007年に試験を受け、このときは一発合格で、翌年開業しました。渡欧する際にはイギリスとフランスで迷ったんですが、フランスに行ったら英語だけじゃなくてフランス語もできていいかな、と思ったのもあって。

――牧場時代に始まり、着実にしっかりと基礎を積み上げてから現在に至っている印象です。

小林 日本の牧場で5年やっただけでは、調教師をやれるだけのスキルは身につかないので。いまでもよかったなと思うのは、牧場時代の最初の頃、育成ではなくて繁殖をやっていたことです。調教師の中には馬がどうやって生まれるのかを知らない人も案外多いのですが、繁殖がどれだけ大変かなど全部を見られたことはよかったと思います。お産もすべてやったので。

 たしかに、改めて振り返ると、繁殖、育成、競走馬と、順番にやってきたことになりますね(笑)。

――実際に厩舎を立ち上げるには、どのような労力が必要になるのですか?

小林 調教師の免許が取れたら、会社を立ち上げる申請をして、自分の会社を作るわけです。厩舎は最初、デルザングルさんのところに間借りさせてもらっていました。何馬房かお借りして。

――馬の調達は?

小林 牧場時代にお世話になっていた製紙会社の社長さんが海外に持っている馬で、日本に送れない馬などを預けてくれたり……。

 でも、1年目は吉田照哉社長(現・社台ファーム代表)の馬、1頭だけでした。始めてみないとわからないことがたくさんあるので、いきなり10頭、20頭いたら馬主さんに迷惑をかけていたと思うので、少ない頭数から始めたことでかえって勉強できたと思います。

(つづく)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

最も話題のドメイン取得(数量限定)

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。