FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル長友、宿敵ミラン撃破で“結果最優先”を強調 「とにかく勝ったことが全て」

インテル長友、宿敵ミラン撃破で“結果最優先”を強調 「とにかく勝ったことが全て」
 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間15日の“ミラノ・ダービー”ACミラン戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献した。試合を終えた長友はミランの攻撃に手を焼いたことを認めつつも「とにかく勝ったことが全て」と、結果を残したことの重要性を強調した。

【写真】長友佑都が「最高に気の合う戦友」と絶賛! 「移動時はいつも隣」という選手との新幹線内2ショットを公開

 このゲームは8万人を超える大観衆の中で行われたが、インテルのホームゲーム扱いとあって後押しもインテルに大きいものになった。ともに中国資本に株式を売却した同士という注目度もあったが、長友は「勝っていることが全て。負けていたら満員にはならない。勝ち続けることがサポーターのテンションも上げていると思う」と、試合前の時点で7戦無敗となっていた好調さが要因にあると話した。

 試合は特に1点リードして迎えた後半、ミランの猛攻を受ける形になった。3バックのミランとは噛み合わないシステムのなか、長友はミランの右ワイドに入ったMFボリーニを警戒する役割を担ったが、簡単な応対ではなかったと話している。

「ボリーニだけじゃなくてスソも入ってくるし、FWも流れてきて大変でした。後半はミランのペースになってしまって、ただ、締めるところをしっかり締めれば問題ないと思っていたけど、2点は取られたので反省しなければいけない。僕が最初からボリーニについているのは無理。中にも選手がいて一度絞らないといけないので、サイドチェンジをされたところではどうしても遅れてしまう。そこは難しいですよね」

 後半、ミランは選手交代によってMFスソの自由度が増し、頻繁に長友のサイドに流れてきていた。そのため、長友は時として1対2の厳しい応対を迫られ、戦術的に難しい状況にあったと話している。そして、最終的には長友のサイドを起点に2失点を喫しただけに反省の弁が口を突いた。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

最も話題のドメイン取得(数量限定)

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。