FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックすぎる職場、米海軍で士気の低下が深刻に

ブラックすぎる職場、米海軍で士気の低下が深刻に


アメリカ海軍駆逐艦チェイフィー(出所:米海軍)

 アメリカ海軍駆逐艦チェイフィーは、10月10日、西沙諸島(パラセル諸島)で「公海航行自由原則維持のための作戦」(FONOP)を実施した。

 西沙諸島は中国とベトナム(そして台湾も)が領有権を主張しているが、1974年に中国がベトナムとの戦闘に打ち勝って占領して以来、中国が実効支配を続けている。西沙諸島の中心となっている永興島には中国による南シナ海支配の行政機関である三沙市政庁が設置され、3000メートル級滑走路や駆逐艦や大型巡視船なども拠点とできる港湾施設、それに漁業施設や商業施設などの民間人居住区も存在する。

 トランプ政権下で4回目となる今回のFONOPでは、チェイフィーは西沙諸島のいずれの島嶼の12海里内海域にも接近しなかった。その代わり、中国が西沙諸島の領海線として設置している線引き方法を「不適切である」とアメリカが指摘している海域を、米海軍駆逐艦が通航した。トランプ大統領の訪問を控えた中国に対して遠慮した形のFONOPであった。

 もっとも、アメリカのFONOP実施に対しては、中国海軍が脅威を受けていようがいまいが対抗行動を実施し、中国政府が非難声明を発するのがパターン化されている。

 今回も、中国海軍フリゲートと2機の戦闘機、それにヘリコプターがチェイフィーに接近して警告を発した。そして、中国当局は米軍艦の西沙諸島への威嚇的接近を非難するとともに、中国海軍が「米駆逐艦を追い払った」との声明を公表した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

多くの幹部が処分された太平洋艦隊

 トランプ政権が今後、FONOPをはじめとする南シナ海や東シナ海での対中牽制策をどのように進めていくのかは現時点では不明である。

 トランプ大統領としては、北朝鮮情勢を睨んで中国との軍事的緊張を高める行動は極力回避したいところだろう。

 さらに、本コラム(「米海軍・太平洋艦隊司令官の退役を笑って喜ぶ中国」)で取り上げたように、対中強硬派の太平洋艦隊司令官スコット・スウィフト大将が退役することになってしまったため、スウィフト司令官の後任者、そして次期太平洋司令官の人選によっては、控えめなFONOPすら先細りになる可能性もある。

 多くの海軍将校たちの人望を集めていたスウィフト太平洋艦隊司令官は今年に入って連発している太平洋艦隊(第7艦隊ならびに第3艦隊)所属艦の事故(本コラム2017年8月31日参照)の責任を取らされた形となった。同様に、太平洋艦隊の水上戦闘艦(一連の事故は巡洋艦と駆逐艦であった)の統括責任者であるトーマス・ロウデン中将も早期退職に追い込まれた。

 そして、すでに今年に入って2件目の死亡事故が発生した直後には、第7艦隊司令官ジョセフ・アーコイン中将が司令官を解任されている。また、それらの太平洋艦隊首脳人事に加えて、事故を起こした軍艦それぞれの艦長と副長たちも全て解任された(ただし、いまだに事故原因などの公式調査は完了していない)。

 このように、太平洋艦隊では4件も事故が連発し、17名もの犠牲者を出し、人望があった司令官を筆頭に多数のリーダーたちが海軍を去るか左遷されるという状況に直面して、将兵の士気が大きく低下するのではないかという問題が生じている。というよりも、すでに太平洋艦隊での士気が低下しているからこそ、わずか8カ月の間に4件も立て続けに重大事故が発生してしまったのではないかと考えている海軍関係者も少なくない。

 そしてこのほど、そのような士気の低下を物語る調査結果が明らかにされた。

巡洋艦シャイローでの“転落事故”

 横須賀を母港とする第7艦隊の米海軍巡洋艦シャイローは、弾道ミサイル防衛システムを搭載しており、2006年以来、北朝鮮の弾道ミサイルに対する警戒監視に投入されている。そのシャイローで、今年の6月8日、下士官1名が甲板から海中に転落して行方不明になる事故が発生した。

 海上自衛隊や海上保安庁も出動して3日間にわたる捜索活動を実施したが、発見に至らず、捜索は中止された。しかし、実はこの下士官は海中に転落していなかった。数日後、シャイローの機関室内に潜んでいたところを発見されたのである。この出来事はニュースとなり、士気が著しく低下した下士官の存在が知れわたるところとなった。

 さらにその後、シャイローの乗組員たちが「Navy Times」にシャイロー内での大幅な士気の低下とその原因について“告発”したため、海軍当局も調査に乗り出す事態に至っている(注:Navy Timesは、米海軍や沿岸警備隊に関するニュースや論説を中心とした新聞を月2回発行している、米海軍とは独立したニュースメディア)。

アメリカ海軍巡洋艦シャイロー

「浮かぶ牢獄」シャイロー

 シャイローを含む第7艦隊所属艦は、南シナ海でのFONOPをはじめとする対中牽制のための長期にわたるパトロールや、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えて日本海や西太平洋で高度な警戒態勢を持続するなど、過密なスケジュールが続いていた。そのため乗組員たちは仕事量が増大するだけでなく、睡眠時間が減らされる状況にあった。

 それだけではない。シャイローでは、ある人物によって乗組員たちが苛酷な勤務環境に追い詰められていた。その人物とは、『バウンティ号の叛乱』で有名なブライ艦長のように「極めて厳格な」艦長、アダム・アイコック大佐である。

 アイコック大佐の“非人間的”とも言えるほど厳格な管理手法によって、下士官以下の乗組員たちは「懲罰の恐怖にさいなまれる」という状況に置かれてしまっていた。彼らは、自分たちの軍艦を「浮かぶ牢屋」あるいは「軍艦・パンと水(USS Bread & Water)」と名付け、「北朝鮮のミサイルなどどうでもいい」とまで考える乗組員が現われていったのである。

恐怖の「パンと水」懲罰

 なぜ、「軍艦・パンと水」と呼ぶようになったのかというと、アイコック艦長は非違(違法行為)を犯した乗組員たちに対する懲罰として、米海軍で伝統的に用いられてきた「パンと水」を多用したからである。

 この懲罰は、軍法会議などの正式手続きを必要とせずに艦長が乗組員に科すことができる懲罰(NJP)の1つである。非違を犯した乗組員を艦内の営倉に3日間監禁し、その間の食事は毎日3食ともパンと水だけしか与えない、というものだ。

「パンと水」は商船を含めて船舶艦艇では広く知られている懲罰だが、少なくとも今日の米海軍艦艇ではそう頻繁に実施されているわけではない。

 ところが情報公開法に基づいたNavy Timesによる調査によると、アイコック大佐がシャイロー艦長に着任してからの2年半は「パンと水」が多用されたという(アイコック大佐は2017年8月30日にシャイロー艦長から海軍大学の研究職に転出した)。

 ちなみに、懲罰が異常に厳しいシャイローは、第7艦隊艦艇で最も悪名高い軍艦として「横須賀の船乗りだけでなく、タクシードライバーの間でも有名だった」という。

米海軍での士気の低下は事実

 もともとシャイローの士気が低下していたからアイコック艦長が厳しい態度で引き締めを計ったのか、その逆に“現代版ブライ艦長”の出現により艦内の士気が低下したのかは調査を待たねば分からない。しかしながら、シャイロー乗組員の士気が大きく低下してしまっていたのは事実である。

 そして、太平洋艦隊で立て続けに重大事故まで起きている状況からは、シャイローだけが士気を喪失した特異な軍艦であったとは考えにくい。

 実際に、このような状況が表沙汰になり、強い危機感を感じた米海軍当局は、作戦従事中の米艦艇内での作業時間の短縮や睡眠時間の延長などの対策に乗り出す方針を打ち出した。

 かつて日本では、中国海軍が新型艦艇を次から次へと生み出すことに対して、「いくら軍艦を作っても、練度も士気も低い中国海軍など恐れるに足りない」といった論調がはびこっていた。しかし、中国海軍ではなく、日本が頼みの綱としているアメリカ第7艦隊が士気の低下に苦悩している状況なのだ。このように、日本はより一層自前の防衛力を強化していかねばない状況に直面しているのである。

筆者:北村 淳

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

代表取締役: 小林 雅彦

Author:代表取締役: 小林 雅彦
世の中の多くの人達が気になる
最新トレンド情報をどこよりも早くお届けします。

あなたの「知りたい」に応えます。

旅行を無料で行く(期間限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

人工知能ブログでお小遣い稼ぎ

https://stat.ameba.jp/user_images/20170804/23/greatskyblue/9c/3f/j/o0472039613997842252.jpg

最も話題のドメイン取得(数量限定)

YAHOO!ゲーム「ガンダム」

最注目のビットコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遊びを仕事にする(読者限定)

LINE_P2017710_155333_0.jpg

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。